企業の保健師求人

企業の保健師求人をご紹介!


企業の保健師求人

企業の保健師求人は産業保健師と呼ばれるジャンルで求人が掲載されています。保健師には3つの区分があり行政保健師、産業保健師、学校保健師の3つがありますが企業の保健師は産業保健師にあたります。会社で働いている労働者、事業者の健康管理と病気、怪我の予防や指導に当たるのが主な保健師としての仕事です。行政保健師は公務員ですが、企業の保健師は事業者、団体との雇用契約になります。学校保健師は公立の場合なら公務員と私立でしたら事業者と雇用契約を直接結んでいることになります。保健師の法律ができてから半世紀以上たっていますが、企業の保健師はかなり変わっています。企業も個人でもそうなのですが日々の環境が整っていなければトラブルは発生しやすいですしそのトラブルは個人なら精神面に現れてしまうこともあります。会社の中では検診があって、体は健康だとしても心の病は目に見えずに静かに進行していくのです。

精神的に病んでしまえば、精神病というよりも、軽度のうつ病を発症したり、適応障害やパニック障害を引き起こすこともあります。企業では社員一人ひとりがこのような心の病を引き起こさないようにするために保健師を常駐させて話を聞く、心身ともに健康管理を任せる傾向にあります。心の病を抱えていれば仕事の能率も上がりませんし会社の中でのコミュニケーションにも支障が出てくるでしょう。

企業の保健師求人ではこうして心に悩みを抱えている社員に対して問題を解決できるように、力になったり指導をしたりするのです。そして必要であれば病院での診察を手配する必要もあるでしょう。人はメンタルな動物なので、どんな時代でも心に傷を抱えて生きている生き物です。それがストレス社会の今、かなり深い傷へと進行することがあり、一人では解決できない悩みを抱えている人も多いのです。

企業保健師求人ではこうした人たちのサポートをしてくれる背中を後押ししてくれる存在を募集しています。企業で働いている社員にとっては潤滑油となる存在でその働きは目に見えてわかるものではありませんから、いわば企業の縁の下の力持ちといえる存在なのです。今、特に大手の企業では会社内の保健課や保健室、医務室などを設けていて社員の心身の健康を気遣うところは増えています。企業が直接募集をしていることもあれば、転職サイトなどで非公開求人として募集されていることもありますので、転職サイトに登録をして閲覧してみるといいでしょう。

保健師の転職情報に関してはココをチェック!