一般病院の保健師求人

一般病院の保健師求人をご紹介!


一般病院の保健師求人

一般病院の保健師求人は看護師ほど数は多くはありませんが出ていることは出ています。看護師としてではなくて、保健師として一般病院勤務をしたいと思っている保健師の場合には、保健師求人募集をしている病院によってその内容はかなり違っています。一般的にはどのような仕事をするのでしょうか。入退院の患者さんに対しての健康指導を行う、母親教室での健康管理指導などがあります。また病院以外の場所でも健康アドバイスを行っていたり病棟勤務なら夜勤があるところもあって患者さんへの健康アドバイスを行っていることもあるのです。保健師というのは前身が巡回看護でしたが、それを基にして、一般病院の訪問介護や訪問看護を行っているという印象があるかもしれませんが、今は地域の保健所、保健センターが健康のアドバイスを行っていることが大半です。

一般の人からしてみれば、病院にいれば看護師が主に健康管理、健康へのアドバイスをしてくれますので、病院に保健師がいたことに気がつかないことが多いかもしれません。看護師と保健師の違い、それは看護師は入院している人に対してのケアを行い、通院する人に対しても医療のケア、心のケアをメインに行っています。それに対して保健師は入院準備から入院中の相談、退院後の生活アドバイスなども行っているのです。入院をする際に健康管理をして退院してからどのように健康を維持すればいいのか、そういった指導を行うのも病院保健師の仕事の1つです。患者さんの健康を願い自立して生活をすることを目的にして、生活の中で取り入れられるようなアドバイスをしていきます。

保健師が任される健康管理は一人ひとりに対しての指導もありますが、中には病棟単位での管理、病院全体のセミナーということで管理をすることもあります。保健師は特に診療科目にこだわらずに産婦人科なら母親教室を行うこともありますし、精神科、感染者患者を受け入れている病院ではメンタル面、衛生指導なども率先して行っていくのです。一般病院の中で検診センターを設置しているところでは検診業務にも携わります。

一般病院の保健師求人の内容は看護師ととても似ていますので、どこからどこまでが看護師の仕事でそして医師の仕事なのか、保健師の仕事なのかすみわけをしていないところもあるかもしれません。給与面も保健師の資格を持っていれば看護師だけよりも少し高めの設定のところもありますが、求人募集内容をよく確認しましょう。

>>大阪での産業保健師求人はコチラ